隠れた症状の原因を見つけだし、瞬時に改善させる方法

金原 美幸 2018.06.18

こんにちは
テクマニ通信編集長の金原です。

 

このテクマニ通信では、
治療家の先生に役立つ
「知識や情報」そして「治療のヒント」
となるテクニック
をお届けいたします!

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

「たまに痛い」という症状の原因の見つけ方がわかない

 

このように思っている先生は
今日の動画をぜひご覧ください。

 

あなたの院に来られる患者さんの中で

「たまに痛むんですよ」

と、このような症状でこられる方はいませんか?

 

その時に痛みや辛さはない状態の場合
その原因を見つけるのは難しそうですよね。

 

もし、あなたの院に
このような患者さんが来られたら
どのように施術をしますか?

 

隠れた原因を見つける

 

今回施術を受けた先生は、
左肩にたまに症状がでる
ということでした。

 

では、

・どのようにして原因をみつけるか
・どのようにして施術をするのか
・どのように患者さんが納得する解説をするのか

 

その方法が気になる先生は
動画でご確認ください。

 

 

 

検査技術を高める

 

いかがでしたでしょうか。

 

肩の原因は、
右の手首にある事がわかりました。

 

熊谷も言っていますが、
検査の能力をしっかりと持っていれば
隠れた原因を見つける事は
そんなに難しくないという事です。

 

当たり前ではありますが、
せっかく治す能力があっても、
問題のないところに治す技術を使っても
意味がありませんからね。

 

あなたも正しい検査で原因をみつけ、
多くの患者さんを健康にしてあげてください。

今回の動画もぜひ治療の
参考にしてみてくださいね!!

 

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント