時間はたったの数秒!脚を施術するだけ腰痛が改善

金原 美幸 2018.05.07

こんにちは
テクマニ通信編集長の金原です。

このテクマニ通信では、
治療家の先生に役立つ
「知識や情報」そして「治療のヒント」
となるテクニック
をお届けいたします!

 

『毎週月曜日』は、
疲労回復協会会長である
『熊谷剛』の技術動画を中心に
に公開していきます。

 

明日からの施術に
参考となるような動画を
お送りします。

 

さて、本日も熊谷のデモンストレーション動画を
探してきました!

 

こちらは以前に熊谷が、
「自信を持って施術ができる治療家になる方法」
と題して、一部の先生を招待して
行ったシークレットセミナーの内容になります。

 

そこで、ちょうど技術のデモンストレーションを
行っていましたので、そちらのご紹介しますね。

 

ぜひ、動画と合わせて最後までご覧ください。

【症例】腰痛で体を反らしても腰が曲がらない

今回施術を受けた先生は、
腰痛のため腰を反らせても、
腰が曲がっていかないようです。

 

見た目としては、
そんなに悪いわけではないですが、
細かく見ていくと、腰部が動いていないということがわかります。

 

そして、前屈では左足外側に
違和感が出るようです。

 

ベッドに寝た状態でもチェックをしてみると
左側に違和感があることと関連するように
左股関節の硬さがあるようです。

 

更に、腰部の圧痛検査では、
痛みとしては右側、硬さとしては
左側が硬そうですね。

 

それでは、
この硬さを、どんな手技で改善させていくのか?

 

こちらから動画をご確認ください。

 

ABC整体「筋ポンプ」法

 

今回行った手技は、
疲労回復協会でお伝えしているABC整体
「筋ポンプ」になります。

 

これは、全身の体液の循環を調整する方法で
筋膜をとらえて、そのまま筋肉をポンプするという
ごくごくシンプルな施術です。

 

動画をご覧いただくとわかるとおり
両足を数秒撫でるように触るだけ。

 

そんなシンプルな「筋ポンプ」後に
再度立っていただくと、
腰痛が改善し、可動域制限も
取れているのがわかりますね。

 

今回は、腰の部分的な循環だけではなく、
全身の循環が悪くなっている状態を改善することで
腰痛を改善することができました。

 

このように体の構造を理解し、
シンプルな手技で短時間で症状を改善することができれば
患者さんからも信頼を得られ、且つ
自信を持って施術ができる治療家になれるかと思います。

 

ぜひ、今回の動画も参考にしていただき、
明日からの治療にお役立てくださいね。

PS
筋ポンプは疲労回復協会がお伝えしている
ABC整体ではじめに取得する手技になります。
オンライン動画と会場セミナーできっちり学ぶことができます。

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント