「治療家が変えていいもの・ダメなもの【スキル編】」今さら聞けない整体・カラダのこと

こんにちは
テクニックが大好きなアナタに送るテクニックマニア!!

テクマニの伝道師ことテクニック小川です!!

 

テクニック小川の 今更聞けない整体・カラダのこと

この番組では、整体師なら誰でも知ってそうだけど、

「実はそんな事なんだったけ」

「あれってなんだったっけ?」

なんて疑問を根こそぎ解決してさらに賢くなっちゃおう

という趣旨で様々な事を解説していきます。

今回は治療家が変えていいもの・ダメなもの【スキル編】

というお話・・・

世の中には変えていいものと良くないものがありますよね。

変えていいものに関しては、日々新しくなっているもの、

変えてはいけないものは、その人の良いところや良かったところ、

などがあると思います。

 
変えちゃいけないところを変えたがために、

取り返しのつかないような

失敗をしたなどということも、

まぁまぁよくある話です。

 
では、治療家にとって変えて良いものとダメなものとはなんなのか?

ということで

 
「知識」「スキル(技術)」「マインド」という3つの観点から、変えていいものダメなものの解説をしていきましょう。

 
前回は、知識編ということで、お伝えしてきましたが、

今回は「スキル編」というところです

スキル=技術、つまり治療技術の変えて良いものダメなもの

スキルは、私たちにとっては、治療技術そのものということですね。

このスキルの「変えちゃいけないもの」に関してははっきりとこれだというものがあります。

 
いわゆる、スキルのテッパンですね。

 
これを外さなければ、どんな技術にも応用ができますし、これを磨いていけば、治療技術はぐんぐん上がっていきます。

さらに、

ちまたには、様々な治療技術がたくさんあるわけですが、

その技術が、本当に学ぶ価値のあるものか、そうでないかを見分けるのにも役に立つんですね。

 

早く答えを!!

って、失礼いたしました(汗)

答えは、動画を確認してみてくださいね!!

 

・テッパンのスキルはこの3つ

・それ以外の治療技術はどうだっていい!?

・手技としてはいかに患者さんの◯◯を起こさせないかがポイント

・信用できる治療テクニックの見分け方

 

動画はこちらから

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント