料理の常識と治療上達の共通点

こんにちは

凄腕テクニックナビゲーターの小川です。

 

「それホント、整体の常識非常識」

治療家のあなたにとって、知っておくべき常識や非常識だったり

はたまた、古い常識だったり・非常識と言われているものが実は正しかったり

そんな様々な気づきをお伝えできればなと思います。

料理上手は治療上手!?

突然ですが、普段あなたは料理をしますか?

 

全くしないよという方でも、

いわゆる料理をする際の基本というものは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

料理は作る人によって雲泥の差がありますよね。

でも、ちょっとしたコツを理解するだけで誰でも美味しく作れるようになります。

 

いわゆる、料理を行う際の常識というもの、これを守ればいいのですが・・・・

我流でなんとなーく作っていると、いつまでたっても上手くはならなかったりします。

(たまに器用にできちゃう人もいますけどね・・・)

 

この料理って、よくよく考えると治療に似ているんですね。

美味しく料理するコツは?

美味しく料理♪

なんて、患者さん相手に使うと違う意味になりそうですが(苦笑)

治療を行う際に気をつけること、

技術を上達させるためのコツが、料理の常識には詰まっています。

 

そんな治療上達にも通じる、

料理の上達するコツとはこの7つ

 

1、料理の基本を覚える

2、食材の大きさをそろえる

3、何度も作る

4、たくさん失敗する

5、出来上がりをイメージする

6、外食をして味を知る

7、目標を持つ

 
そして、最後に一番大事な+αがあるんですね!!

それは何かと言うと・・・・

 

続きはこちらから
 ↓ ↓

 
今回はここまで。

 
では、またお会いしましょう

今回の参考ページはこちら
https://mamari.jp/7957

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント