手首が硬くて手技がうまくできない治療家のための練習法

こんにちは

テクニックが大好きなアナタに送るテクニックマニア!!

テクマニの伝道師ことテクニック小川です!!

 

テクニック小川の 今更聞けない整体・カラダのこと

この番組では、整体師なら誰でも知ってそうだけど、

「実はそんな事なんだったけ」

「あれってなんだったっけ?」

なんて疑問を根こそぎ解決してさらに賢くなっちゃおう

という趣旨で様々な事を解説していきます。

今回は手首が硬くて手技がうまくできない治療家のための練習法

というお話・・・

手は治療家の大切な道具です

うまく手技ができない、上達しないなぁという

治療家の中で、結構な割合でいるのが、

「手首が硬い」という方

 

過去にスポーツ(特に柔道などのコンタクトスポーツ)をやっていて、

怪我や練習で痛めたなどで、手首を硬くする方もいますし、

純粋に体全体が硬いという方もいると思います。

(後者の方は、自分の健康にも気を使え!という話ですが・・・・)

 

治療家にとっては、手は施術をする上での一番大切な道具です。

手首が硬いということで、満足な治療ができない・・・・

だなんて、こんな悲しいことはありません。

あなたの手首は大丈夫ですか?

自分が、手首の硬さに気づいているなら、

改善策もあるでしょうし、日常的に気をつけることができると思います。

 

でも、実際多いのは

・自分が手首が硬いことに気づいていない

という方。

 

もしあなたが、しっかりと勉強をしているのに、

治せなかったり、技術が伸び悩んだりといったことがあるなら

 

この手首の硬さチェックを行ってみてください。

手技がうまくならない理由が潜んでいるかもしれません。

 

動画はこちらから

あらゆる症状を10分で治す「治療マニュアル完全版」プレゼント