楽しく動画で解剖学!【咬筋】

小川 響也 2016.09.25

20160925

こんにちは
 
 

「ナルホド!整体基礎講座」

 

今回は、

解剖学「咬筋」について解説していきます!!
 

張り切って行ってみましょう!!
 
 

【動画のポイント】

 

・[前回の答え]顎を前に出す筋肉、これがあるから口を大きく開けるんです
 

・噛みしめる力は、自分の◯◯と同じぐらい!
 

・美容にも関係ある?でも、問題はそれだけじゃないから注意!
 
 

続きは動画でご覧ください。

↓ ↓ ↓


 
 

咬筋はその名の通り、

噛むための筋肉です。
 

頬に手を当てて歯をくいしばると、

グイグイと盛り上がってくるのがこの咬筋ですね。
 
 

顎の立派な方は、

この咬筋が発達している方が多いのが特徴的ですが、
 

女性にとっては、フェイスラインの見え方に関わるので、

美容目的などで注目されている筋肉ではありますね。
 
 

実は美容という話をすると、

よくある間違いを犯しやすい筋肉です。
 
 

それは、美容目的に主にアプローチされる

表情筋とは違うということです。
 
 

表情筋は皮膚をうごかす皮筋であり、
 

咬筋は顎関節に関与する骨格筋です。
 

これって意外と知られていないんですね。
 
 

筋肉にも、様々な役目があり、

目的が違います。
 
 

そこを紐解いて考えられると、

目的を持って施術ができるようになるんですね。
 

なぜ、その筋肉がそこについているのか?

なーんてことを考えると、
 

美容も、症状も含めてですが、

患者さまが抱える悩みの解決につながるかもしれません。
 
 

では、また次回!

お楽しみに!!
 
 

テクニック小川

 

なぜ、この技術を使うと五十肩、捻挫、慢性的な腰痛、むち打ちの辛さを簡単に解決できてしまうのか? 秘密はこちら