若返りホルモンを増やす5つのポイント

高橋 利枝 2015.12.15

エステクマニアン・美の仕事道 Vol.46

こんばんわ。

トシエステです。

1週間があっという間に終わってしまう12月ですね。

週に1度来てくださるお客様のことを、
2,3日前に来てくださったように感じるσ(^_^;)

時の流れが速すぎます………

あっという間に歳をとりそうで怖い_| ̄|○

少しでも老化を遅らせる努力を!

というわけで、今日は若返りホルモンについてお話ししたいと思います。


日経WOMAN調べによると、

若い頃に比べてホルモンバランスが変わったと思うという質問に

約77.6%の人が思うと答えたらしいです。

平均年齢43.9歳 約125名に質問しているので
まさにトシエステ世代の方が、
何かしら身体の変化を感じているということですね。

いつまでも活き活きと元気な身体を保つには

若返りホルモンを増やし
老化ホルモンは減らす

これらの努力が日常生活において必要となります。

代表的な若返りホルモンを5つあげると

・エストロゲン
(女性ホルモン 妊娠の他、肌ツヤ、髪ツヤにもかかわる。
エストロゲンの減少により閉経後の女性は骨粗鬆症になりやすい)

・テストステロン
(男性ホルモン 筋肉量や活力の源)

・メラトニン
(睡眠の質に関わる 活性酸素を減少させることも)

・成長ホルモン
(睡眠中に出る 細胞修復、新陳代謝活性、疲労回復など)

・DHEA
(性ホルモンにも変化 内臓脂肪を減らし血管機能を改善する)


では、若返りホルモンの中でも
奇跡のホルモン
マザーホルモンと呼ばれている、

【DHEA】について

あまり耳馴染みのないホルモンなので少し掘り下げていきますね。




DHEAは、
デヒドロエピアンドロステロンという
副腎皮質で分泌されるステロイドになります。

思春期頃から20代にかけて分泌が頂点となり、
40代では約1/2
80代を過ぎるとほぼ分泌されないと
言われています。

このDHEAの優秀なところは、
女性ホルモン(エストロゲン)や
男性ホルモン(テストステロン)に
変化する機能をもっているのです。

エストロゲン、テストステロンも加齢により
一気に減少してしまいます。

そこで、エストロゲン、テストステロンに変化する
DHEAをいかに増やし、性ホルモンとして補うかが
若返りには重要ポイントとなるのです。

ただ、DHEAはステロイドなので、
日本では医薬品扱いとなり、
サプリメントなどでの販売はされていません。

アメリカなどでは、筋肉増強剤や精力増強剤として
比較的安価で販売されているようですが、
性腺ガンや血管機能障害などの副作用の心配もあり
安易に飲むべきサプリではなさそうです。


では、日常生活でDHEAを増やすにはとなると
以下の5つのポイントが重要になります。

1:食品から摂取する
納豆や黒豆などのイソフラボンがDHEAとなる
ヤムイモやさつまいもにもDHEAが多く含まれている
イワシに含まれるセレンが副腎を強くする

2:適度な有酸素運動や筋肉運動でDHEAを高める

3:脳波がシータ波レベルになると、DHEAが高まる
ゆったりとリラックスする時間をもつ

4:お酒の飲み過ぎ、タバコ、イライラのストレス、
紫外線の浴びすぎなど老化を早めることはしない。

5:副腎は寒さに弱いので、冬場は背中を冷やさない

これらを踏まえて、トシエステでできることとなると、

・ゲルマニウム温浴で体内酸素量を増やして身体を温める
・遠赤外線ドームでじっくり芯から身体を温める
・キャンドルアロマオイルを使って、暖かい背中ケア
・フェイシャル時に背中を温めるデトックスパック併用
・ソフトタッチなリラクゼーションフェイシャル
・EMSを使い、筋肉アプローチケア

などなどなど。

いろいろなメニュー展開が考えれますね(o^^o)

エイジングケアとなると、コラーゲンやヒアルロン酸などの
オススメになりがちですが、

マザーホルモン【DHEA】からのアプローチも
面白くなりそうです。

【DHEA】を増やすメニュー、
自サロンに当てはめて考えてみてください(^-^)ノ




今日も読んでいただいありがとうございました。

自分の視野を広げるために、ここで学びませんか?
http://www.hiroukaifuku.jp/program/abc-hiroukaifuku.html